FC2ブログ

murder murder

murder murder@新栄Club Rock'n'Roll(311)■2010/09/30(thu)
■■■■■■■■■■
新曲はポップ!
■■■■■■■■■■
1.ダイオキシン
2.肉食人種よ永遠なれ
3.新曲
4.新曲
5.ぎゅうぎゅう
6.まだまだ
スポンサーサイト



Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DeJohnette JAPAN TOUR 2010

Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DeJohnette JAPAN TOUR 2010@Bunkamura Orchard Hall(310)■2010/09/29(wed)
■■■■■■■■■■
とにかく素晴らしい。今回のチケットを取ってよかった。前回とは息の合い方が全然違う。やはり前回は初回ということもあり肩慣らし的な部分があったように感じる。
前回同様真っ黒のステージに3人登場。ピアノの中心にピアノイスがなかったことが気に入らなかったのか、もしくは笑いを取りに行ったのかわからないが、中心を目測で測り椅子の位置を足で移動。笑いがおこる。Broadway Bluesはかなり即興色の強い演奏。曲目を見るまでは即興かと思ってました。3人の音のバランスも前回と比べてとてもよい。I Fall in Love Too Easilyは素晴らしいバラード。バラードにとろけていたのも束の間、聞いたことがあるメロディーだなと思ったらWest side storyのTonight!!TonightをKeithが弾くとこうなるのか!一部最後のいつか王子様がは前回と同じ曲目だが前回が乗り切らずにさらっと終わったのに対し今回は濃厚な演奏。
二部に入りThings Ain't What They Used to BeはJackが終わるときにあってなかったような?あれでいいの?今回唯一この曲だけはぐだぐだな印象を受けたが、そのあと三曲は白眉。G-bluesも前回と同じ曲目だが出来が全然違う。煙が目に染みるでは煙ではなく三人の音が沁みる。大歓声の中迎えられたアンコール。Straight, no chaserのカッコよさ。そしてOnce Upon A Time。感涙。神が降臨していた。この三人と同じ空間に入れたことに本当に感謝。1日の横浜公演はチケットが余っているそうなので、もし購入していない人がいたら購入をオススメします。
さて、最終日のオーチャード。期待が膨らむばかり!
■■■■■■■■■■
1.Broadway Blues
2.The Blessing
3.I Fall in Love Too Easily
4.Tonight
5.Someday My Prince Will Come

6.Things Ain't What They Used to Be
7.You Won't Forget Me
8.G-Blues
9.Smoke Gets in Your Eyes

Encore
1.Straight, No Chaser
2.Once Upon A Time

山本貴志オールショパンプログラム

山本貴志オールショパンプログラム@木曽文化公園文化ホール(309)■2010/09/26(sun)
■■■■■■■■■■
山奥にあるホールでの演奏。ピアノソナタの第1,2楽章素晴らしかった。緩徐部分・表現力がもう少しな気はするが、また見てみたいピアニストの一人。
■■■■■■■■■■
ショパン
ノクターン遺作 嬰ハ短調
練習曲 ハ短調「革命」op10-12
ワルツ第6番 変ニ長調 「小犬」op64-1
ワルツ第7番 嬰ハ短調 op64-2
ワルツ第8番 変ニ長調 op64-3
前奏曲 変ニ長調「雨だれ」op28-15
ピアノソナタ第2番 変ロ短調 op35

バラード第1番 ト短調 op23
4つのマズルカ op24(第14番ト短調、第15番ハ長調、第16番変イ長調、第17番変ロ短調)
ポロネーズ第6番 変ニ長調「英雄」op53

(アンコール)ワルツ第2番 変イ長調「華麗なる円舞曲」op34-1

福田進一&荘村清志ギターデュオリサイタル

福田進一&荘村清志ギターデュオリサイタル@宗次ホール(308)■2010/09/24(fri)
■■■■■■■■■■
二人で音を合わせる息遣いがとてもよく聞こえてきた。ファジル・サイのギター二重奏曲はチューニングを途中で変えたり急ににぎやかなリズムになったり。福田さんの華やかなギターの音色と荘村さんの少し落ち着いたギターの音色。グラン・ホタは華やかな福田さんの音色にぴったりで盛り上がる。サーカス・ミュージックは即興を沢山交えた曲のようで描写が面白い。どうしても眠くなりがちなギターのコンサートにとてもよいアクセントとなっていた。
■■■■■■■■■■
フェルディナンド・カルリ:対話風二重奏曲 作品34”ラルゴとロンド”(デュオ)
ジャンゴ・ラインハルト:ヌアージュ(荘村)
イリ・イルマル:バーデン・ジャズ組曲(荘村)
 I  シンプリシタス
 II 子守唄
 III サンバ風ロンド
ファジル・サイ:プリンセス・オブ・リキア(デュオ)
   -休憩-
フランシスコ・タレガ:グラン・ホタ(福田)
アントニオ・カルロス・ジョビン[ベリナティ編曲]:ガロート(福田)
渡辺香津美:イチジクとザクロ(デュオ)
カルロ・ドメニコーニ:サーカス・ミュージック(デュオ)
 1アルゼンチンのナイフ投げ師
 2ギリシャの馬に乗るスペインの騎手たち
 3蝋の博物館
 4アヒルの競走
 5アンデスの蚤プリック
 6ウラルの魔法の声とドン・コサック合唱団
 7氷上の消防隊
 8鍵穴から姿を消すヨギ(ヨガ修行者)
 9オーケストラが別れを告げる
アンコール)
グラナドス:スペイン舞曲第2番よりオリエンタル
ファリャ:スペイン舞曲

Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DeJohnette JAPAN TOUR 2010

Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DeJohnette JAPAN TOUR 2010@Bunkamura Orchard Hall(307)■2010/09/23(thu)
■■■■■■■■■■
黒い布に覆われたステージ。ピアノとベース、ドラムの距離は近い。
3人は終始ご機嫌だった。演奏もリラックスしている感じ。
Solarは始まりのキースのソロが長め。まるで自分のソロ公演のような感じで突き進んでいく。それを見て微笑むゲイリーとジャック。3人でテーマに入ってからもリズムをきっちりととっていくというよりは自由にやっている感じ。Conceptionはキースがテーマの部分をめちゃくちゃ間違えてた(笑)。1部は3人の音のバランスがもう一つだったように感じたが、2部からはそれも改善。個人的にはアンコールのToo Young To Go To Steadyがハイライト。今回は日本ツアー初日ということもあってか、もしくは年を取ったからか、3人で1つになって盛り上がっていく感じよりも個人個人がリラックスして楽しんでいた。これが肩慣らしなのか年を取ってそうなっただけかはあと2公演でのお楽しみ。あー、あと2回もキース様に会えるなんて楽しみ^^
余談ですが、今回のお客さんは拍手がちょっと早かったなあ。曲が終わるか終らないかのうちに拍手する人がいるもんだからみんなつられて拍手してしまう。余韻も楽しみたいですねー
■■■■■■■■■■
keith100923
setlistはkoinuma musicより転載

今池祭り

silent noise orchestra on my tear label ground@今池祭り(306)■2010/09/19(sun)
■■■■■■■■■■
今池祭り、楽しくできましたー!!
■■■■■■■■■■
1.think about ending
2.広島と私
3.おなかがすいた
4.朝の弔い
5.ママ
6.わーわーわー
7.いかなくちゃ

京都市交響楽団名古屋公演

京都市交響楽団名古屋公演@愛知県芸術劇場コンサートホール(305)■2010/09/11(sat)
■■■■■■■■■■
京都市交響楽団。公式に名古屋に来るのは今日が初めてだそうで。そんな記念すべき日に見てきました。指揮の広上淳一さんは小っちゃくて、後ろからみるとくまのぬいぐるみみたいな感じでちょっと禿げてて動きのおもしろいおっさん(笑)。まず初めはリストの「レ・プレリュード」。指揮側も演奏側もとても楽しみながら弾いているのがとてもよくわかる。管楽器がとても映える曲で皆で一斉に音を出したときのキラキラした感じ。トランペットとトロンボーンが上手い。個人的には今日はこの曲がハイライト。次はラヴェルのピアノコンチェルト。ピアノの音の合わせるために?ちょっと編成を減らす。うーむ、ピアノの音があまり前に出てこない。3楽章の始まりはピアノとオケが合ってない…。ピアノコンチェルトをコンサートで聴いて感動したことがないなあ。ピアノ側もオケ側も牽制してるから実力をフルに発揮できないように感じる。ソリストアンコールは「月の光」。選曲は好きだが、弾き方が全く好みじゃない。もっと低音を響かせた中で浮遊感ある感じでドビュッシーは弾いてほしいなあ。休憩を挟んでドヴォ8。初めから感じていたが、管楽器の音がとても伸びてくる分、弦楽器の音が非常に聴こえにくい。バイオリンの数を倍くらいに増やしてほしい。音色ももう少しだなあ。緩徐楽章はバイオリンの音色が大事だと思うから、そういった点でイマイチ。その分1,4楽章は管楽器が華やかでとてもよかった。弦楽器は不満な点があれど、広上さんの取るリズム・テンポ感がとても好みな感じだったので、また聴きに行きたいなあ。
■■■■■■■■■■
Program
リスト:交響詩「レ・プレリュード」
ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調
(ソリストアンコール)ドビュッシー「月の光」
(休憩)
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
(アンコール)ドヴォルザーク:スラブ舞曲第14番
広上淳一(cond)、中沖玲子(p)、京都市交響楽団

梅津和時×坂井紅介×森山威男


梅津和時×坂井紅介×森山威男@TOKUZO(304)■2010/09/09(fri)
■■■■■■■■■■
TOKUZO12周年企画『梅津和時プチ大仕事 at TOKUZO』6日目。梅津さんは毎年?新宿Pit innでプチ大仕事をやられているそうで、前回は梅津和時×山下洋輔×田中泯というライブがあってみたくてしょうがなかったわけであります。そんなわけで、今回は大好きな森山さんとやるということで、参戦。TOKUZOはライブが始まる前から期待と緊張感で一杯。メンバーが出てきて、あーあれが梅津さんか。と認識したところでライブ開始。一部はまず3曲梅津さんのオリジナル。いきなりフリーな感じで、プヒーブボボー、ボゥンボボン、ドシャメカシャーンといった感じ。カッコいい。やっぱり森山さんが叩くとドラムが喜んだり泣いたりしてるなあ。静めなスタンダード曲を挟み、最後に日本的な曲を森山さんとのデュオで披露。休憩をはさんで2部は全て梅津さんのオリジナル。最後から2曲目の5拍子の曲「西陽のあたる部屋」と最後の「JUNK」がお気に入り。「JUNK」は「CHIASMA」のようでテーマだけ弾いてあとはフリー。最後に梅津ファンなら知っているのであろう曲をアンコールにやって終了。とにかく3人のパワーに圧倒されっぱなしでした。フリー調の曲ばかりではなかったのでバラエティに富んでいて楽しかった。ただ、初顔合わせのこともあってか全ての曲がテーマ→ベースソロ→ドラムソロ→テーマのどこかにサックスソロが入るといった構成。少し飽きたかな。それだけが残念。(追記:1st最後のデュオの曲は唐獅子牡丹という曲のよう。)

■■■■■■■■■■
setlist unknown
梅津和時(sax)、坂井紅介(b)、森山威男(dr)

olive、橋本進@栄駅ナカウィークリー

今日はヨーロッパ企画の「サーフィンUSB」を見るために栄にいたら、twitterに駅ナカウィークリーでライブやりますとのツイートが。twitterはうまく使えばすごいツールだなあ。
ということで、ツイートがあってから晩御飯を食べるまでの間でライブを見てきました。名城線のホームのちょっと広い部分を使って演奏してましたが、アンプもスピーカーも結構立派なものが置いてあってびっくり。もっと簡素な感じでやってるのかと思いました笑。さて、演奏のほうは、2人ともよかったー。イントロとママが聴けただけでも十分満足でした。bornはピアニカで参加したいーとうずうずしながら聞いてましたが笑。その後の演劇も面白かったー。ヨーロッパ企画次回公演は来年秋か。だいぶ遠い未来だ。

olive、橋本進@栄・駅ナカ ウィークリー(303)
2010/09/03(fri)

< olive >
にんじん
博覧会
オアシス
イントロ
マックス
< 橋本進 >
think about ending
有名人になって
ママ

Pagination

Utility

プロフィール

masa_kawabe

Author:masa_kawabe
子貢問ひて日く、一言にして以て終身之を行ふ可き者有りやと。子曰く、其れ恕か。己の欲せざる所は、人に施すこと勿かれと。

Twitter @masa_kawabe

Favorite Music
Keith Jarrett / Glenn Gould / Hiromi / 山下洋輔 / 林英哲 / 小曽根真 / 葉加瀬太郎 / Chick Corea / 渋さ知らズ / 倉橋ヨエコ / Sigur Ros / Mariss Jansons / Giovanni Mirabassi / Pink Floyd / King Crimson / Friedrich Gulda / Andras Schiff / 功刀丈弘 / Yaron Herman / くるり / 久石譲 / 安穂野香 / Steve Gadd / 森山威男 / George Winston / Take6 / Geonori / Carlos Kleiber / Perfume / 相対性理論
and...Romany Jade / murder murder / silent noise orchestra on my tear label ground / MAY-FLY

Piano Solo Live音源 (MP3/期間限定) よかったらダウンロードしてください^^
http://masakawabe.web.fc2.com/index.html
http://www.filebank.co.jp/guest/psyla/fp/huckfinnfactorymasayoshikawabe

フリーエリア

    follow me on Twitter

    FC2カウンター

    フリーエリア

    お得なポイント貯まる!ECナビ

    検索フォーム